脱毛

脱毛方法はさまざまで、個人個人の求める結果によって違います。


美容のプロから施術を受けるとなると、「脱毛サロンに行く」、「医療クリニックに行く」という選択肢があります。今ではサロンやクリニックの料金も安くなっており、キャンペーンも充実しています。時期によっては、驚きのキャンペーン価格になっています。人気サロンの公式ページは毎月チェックしておくと格安コースで脱毛することができる可能性ありです。


大手サロンもいいですが、特に都心部を中心に展開しているサロンは格安キャンペーンをすることが多いので注目です。




銀座カラー






脱毛サロン KIREIMO




クリニックでの医療レーザー脱毛は高額なイメージがあるのが一般的ですが、技術力があって比較的安い料金で、顧客満足度が非常に高いクリニックもあります。月額が脱毛サロンと変わらないコースは魅力的だと思います。






自宅で自己処理するとなると、「家庭用脱毛器」、「脱毛クリーム」、「電気シェーバー、カミソリ」を使用するという選択になるかと思います。

人それぞれ違うので、どれがおすすめとは一概に言えませんが、自分に合った方法の中で最適だと思うものを探して実行してみるのがいいのではないでしょうか。当サイトでは、各項目ごとに分けてお話していきたいと思います。

まずは、全体的に一番需要が多い脱毛サロンについて。

脱毛サロン


全国的に有名なのが「脱毛ラボ」「ミュゼプラチナム」などの、料金も安く予約が取りやすいと言われるサロン。世代を問わず多くの利用者がいます。

脱毛サロン選びで迷っている方は、たくさんのサロンをチェックしてそのサロンのプランが自分の理想通りか、もしくは理想に近いものを選ぶべきです。とはいえ、たくさんのお店をチェックするのは時間的に大変なので、人気のある脱毛サロン数店舗に絞って見ていくと分かりやすいと思います。

お店を絞るのにランキングが分かりやすくて便利です。私も個人的にランキングを作ってみましたので参考にしてみてください。料金がリーズナブルで口コミ評価が高い脱毛サロンランキングです。




1位 銀座カラー

銀座カラー 公式サイト

通常月額料金9,800円(税抜)

口コミが良く、顧客満足度が非常に高い

・料金がリーズナブル1位
・お客様満足度1位
・脱毛効果の実感1位
・エステティシャンの技術力1位
※楽天リサーチ(大手5社の脱毛サロン)

学割・ペア割り・のりかえ割りなど人気キャンペーン多数

★人気プラン★
納得いくまで脱毛し放題プラン(月額6,800円)

銀座カラー 公式サイト

2位 ラ・ヴォーグ

ラ・ヴォーグ 公式サイト

通常月額料金4,800円(税込)

初心者が通いやすい脱毛サロン

口コミで一番多い意見
・安いから気軽に脱毛を始めれる
・1回の来店で脱毛が全部できるのが嬉しい
・産毛でもしっかり効果を実感
・脱毛完了が早い(6ヶ月)

九州エリアでの人気、知名度は抜群

★人気プラン★
全身55部位脱毛(月額4,259円)

ラ・ヴォーグ 公式サイト

3位 キレイモ

キレイモ 公式サイト

通常月額9,500円(税抜)

他サロンからの「のりかえ満足度92%」
認定脱毛士による施術

口コミ評価で技術力、安心面が高評価
・ドクターサポートがある安心感
・脱毛しながらスリムアップ気分も味わえる
・100%勧誘しない
・追加料金なし、返金システムあり

★人気プラン★

キレイモ 公式サイト

4位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム 公式サイト

通常月額10,500円(税抜)
(全身脱毛コース126,000円÷12ヶ月で算出)

破格のキャンペーン・特典
気になる部位ごとのコースが魅力的
お試しキャンペーンでの満足度が高い


コスパ・通いやすい立地・予約変更や取り消しが手軽
総合評価が高い

★人気プラン★
美容脱毛完了コース
フリーセレクト美容脱毛コース

ミュゼプラチナム 公式サイト

5位 脱毛ラボ

脱毛ラボ 公式サイト

通常月額9,980円(税抜)

年間通してキャンペーンがとにかく魅力的

料金面での満足度が非常に高い
技術力、スピードともに高評価

全身脱毛月額制を初めて導入した脱毛サロンなので、プランが充実している

★人気プラン★
のんびりコース 全身24箇所プラン(月額1,990円)

脱毛ラボ 公式サイト








脱毛器



次は、「サロンに通わずに自分で」という方に適している脱毛器について。

家庭用脱毛器の最大の強みは自宅で自分のタイミングで使用できるところ。

種類もさまざまで、主にフラッシュ(光)型、ヒーディング(熱)型、レーザー型などに分けられます。人気があり、多くの人がおすすめするのは、エステサロンでも使用されている光(フラッシュ)脱毛器です。高性能なものは、敏感肌で肌への刺激に心配を抱えている方でも安心なので、よく売れています。

選ぶ時のポイントをまとめてみました。



●照射部分の面積

照射面積が狭いと作業に時間がかかることと、照射漏れを起こす可能性が高く、ムダ毛がまだらに残る可能性があります。

家庭用脱毛器の中で照射面積が広いのが光(フラッシュ)脱毛器。

レーザーで有名なトリアの照射面積が「縦1cm×横1cm」なのに対して光脱毛器で照射面積トップクラスのケノンは「縦3.7cm×横2.5cm」

センスエピとエスピルは「3cm×2cm」、パナソニック光エステは「3.5cm×1.5cm」となっています。



●カートリッジ交換式か非カートリッジ交換式か
カートリッジを交換できるタイプか、非カートリッジ式の使い捨てタイプかどうかも大切なチェックポイントです。

非カートリッジ式の場合、規定照射回数が終わった時点で脱毛器を使用することができなくなり、脱毛器を捨てないといけません。

本体価格が安いという理由で非カートリッジ式を購入するより、多少高額になってもカートリッジが交換できるものを選ぶほうがコスパもいいんです。

光脱毛器で非カートリッジ式のものはたくさん販売されていますので要注意です。

カートリッジの交換ができるケノンは、カートリッジが3種類あります。手足などの比較的大きな範囲に使える「ラージカートリッジ」、お腹や背中などの広い範囲に使える「エクストララージカートリッジ」、ヒゲやVIOなど太い毛に適した「ストロングカートリッジ」

使いたい部分別でカートリッジの交換ができるのは魅力的です。


●ショット単価

ショット単価=「コスパ」なので、ショット単価が低ければ低いほど長く使うのに適しています。販売価格ももちろん大切ですが、数万円の差は長く使うことを想定するとショット単価で産埋められます。

エクストララージカートリッジを使用した場合のケノンのショット単価は、0.074円でコスパが最高に良いです。他は大体0.1円程度になっているものが多いので、ケノンのコスパがいいことがわかります。



●日本製かどうか
中国や韓国、タイなどで製造されているものありますが、日本人の肌に合わせられているのはやはり日本製です。肌への影響を考えると日本製がおすすめです。ちなみに、日本で人気のある脱毛器の多くが日本製です。


●販売ショップ
家庭用脱毛器は通販のみの取り扱いが多く、公式ショップや楽天などで販売されています。時期によって違いますが、比較的多くの特典をつけているのが公式通販ショップです。

ケノンの公式通販ショップでは信じられないくらい多くの特典を付けていますし、販売価格も特別価格が提示されています。



このように、脱毛器を選ぶ時のポイントをチェックしていくと、ずっと売れ続けているケノンの優秀さに気づきます。キャンペーン特典やケノンのもっと詳しい情報は、ケノン公式通販サイトをご覧ください。








自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!





脱毛クリーム



サロン通いや自宅で脱毛器を使う以外だと脱毛クリームが人気がありますね。

刺激の強いクリームは使用をおすすめしませんし、あくまで「除毛」なので生えてこなくなることはありません。カミソリやシェービングなどより安全に毛の処理ができますし、肌にやさしい低刺激の脱毛クリームであれば肌がツルツルになったりもいます。